酵素ってなんなの?

酵素とは、人間にとって不可欠なもので、
体内で作り出されている「たんぱく質」です。
酵素には、大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

 

 

簡単にいえば、
「消化酵素」とは食べ物の消化に関わる酵素のことで、
「代謝酵素」は栄養をエネルギーに変えたり、アルコールなどの毒物を解毒したり、
体の悪い所や病気を治す働き
があります。

 

しかし、体の中には一定量の酵素(=潜在酵素)しかありません!
消化酵素を使い過ぎると、代謝酵素が不足します。
代謝酵素が不足すると新陳代謝が悪くなるという悪循環が起こります。

 

こうして酵素が不足していくと、消化不良を起こしたりして、腸内環境が悪化していきます。
そして、免疫力が落ち体調の不調が出てきます。
つまり、なんとなく疲れやすい、肌の調子が悪い、便秘になる、などの症状が表れます。

 

酵素は体内で作られるだけでなく、食事からも摂ること(=食物酵素)も出来ます。

 

酵素が多く含まれている食品には?

生野菜・果物
 生野菜・果物には酵素やビタミン、ミネラルも豊富です。
海藻類
 生わかめ、もずく、昆布、芽かぶ、など加熱処理していない海藻類
発酵商品
 納豆,味噌、漬物、みりん、酢、日本酒、チーズ、ヨーグルト、ワイン、キムチなど
生肉・魚などがあります。

しかし、忙しい毎日の食生活では、質の良い酵素をとることは、なかなか難しいものです。
そこで、野菜・果物・海藻類など酵素を多く含む食品からエキスを発酵させてできた酵素ドリンク
を飲むことによって、不規則な食事やストレスから減少した酵素を補うことが出来ます。

 

あなたがいつまでも若々しく元気で美しくあるためには、
潜在酵素を無駄使いせずに、効率よく酵素を摂ることを心がける事がとても重要です。

 

<<酵素の成分とは>>